組立て手順

平面設置架台の組説明書

このページは、サナースの組み立てをイメージしていただくための説明です。
実際の組み立ておよび屋根据付は、商品に添付してある取扱説明書を参照してください。

①フロントフレーム組立て

図1に示す部品を準備し、フロントフレーム7にベースプレート11を取り付け、次にフロントトップフレーム8とフロントボトムフレーム9を取り付けます。その後にフロントサポート16を取り付け、フロントボトムフレーム9にサポート10を取り付けます。
図2が完成状態です。

②バックフレーム組立て

図3に示す部品を準備し、バックフレーム12にベースプレート11を取り付け、次にバックジョイントバー13を取り付けます。その後にバックサポート17を取り付けます。
図4が完成状態です。

③フロントフレームとバックフレームの連結

タンクサポート6をフロントフレーム側に取り付け、タンクサポート6とバックフレーム側を連結します。
図6が完成状態です。

④貯湯槽の組立て

貯湯槽1の下部4箇所にあるM8ボルトをタンクホルダ6に差込み、ナットで固定します。
真空管差込口がフロントフレーム7側になるように固定します。

⑤平地面・陸屋根への設置

設置場所、位置を考慮しながら、ヒートンAをしっかり固定できる場所に据付けます。
ヒートンAにはステンレスワイヤーBを巻付け、温水器前側はフロントフレーム7の下部、温水器後側はバックフレーム12の上部に、ステンレスワイヤーBを巻き付けます。巻付け要領は、図10を参照してください。
ステンレスワイヤーBが建築物の角部などに接触する場合は、必ずステンレスワイヤーBに保護材Cを取付けてください。
架台の設置は温水器が水平になる場所を選んでください。

⑥ガラス管の取り付け

ガラス管5を貯湯槽1に差込みます。バケツに入った水に中性洗剤を少量入れ、ガラス管先端にバケツの水をつけます。
そのままガラス管を貯湯槽に差込みます。差し込む際には、ガラス管を回しながら差し込みます。
図12が完成状態です。

このページは、サナースの組み立てをイメージしていただくための説明です。
実際の組み立ておよび屋根据付は、商品に添付してある取扱説明書を参照してください。

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

Copyright(c) TERADA IRON WORKS CO.,LTD.all right reserved.